初めての出産の病院失敗しない決め方|気をつけるポイント8選

 

「ママの産むヨガ教室」に起こし頂きありがとうございます♪管理人のお猿くんの母のmikiです♪

出産する病院選び方のポイントが気になることもあるのではないでしょうか?距離は近いほうが良いのかなど…

今回の記事では、お母さん達がいつまでもに決め方などポイントをご紹介させていただきます♪

お猿くんの母が、初めての出産時の病院の決め方の体験談も交えてお話させていただいています♪

初めての出産する病院の決め方

いつまでに決めれば良いのか、里帰りする場合はどうすれば良いのか?気になるお母さんも多いかと思います。

①いつまで産院を決めましたか?

お猿くんの母
健診をしている病院から「出産する病院を5ヶ月前までには決めてください。」と言われたので、妊娠4ヶ月には決めていました♪

周りのお母さん達に聞いてみると、初診を受ける前や初診を受けた後などタイミングはそれぞれなようですが、早めに動くように意識したお母さんが多かったです。

人気の病院は、分娩予約がすぐに埋まってしまうことがあるようなので妊娠が発覚したら早めに出産する病院を決めると良いかもしれません。分娩予約は、一般的に妊娠20週までに行うものとされています。

②まずは、里帰り出産か自宅近くで出産をするかで大きく変わってきます!

お猿くんの母
母が体が不自由だった関係で最初は里帰りを考えていませんでしたが、両親が帰ってきて良いよと言ってくれたので里帰り出産を選びました。

里帰り出産も親孝行のひとつでもあるのかな?と、今は思っています。ご家庭の事情などもあるか思うので旦那さんやご両親とご相談してみるのが良いと思いました。

里帰り出産のメリットとしては、出産・育児を経験した先輩である母親が近くにいてくれることは、とても心強いです。

特に、初めての出産となるママにとって妊娠&出産の不安は大きいかもしれませんが、不安や悩みを母親に相談することができます。

また、産後はママの体力が回復する前に育児や家事などに追われがちですが、無理なく育児に専念できます。

 

里帰り出産のデメリットとしては、必然的にパパと離れて暮らすことになってしまいます。

夫婦間でのコミュニケーションが気薄になり結果的にすれ違い起こり、不安が溜まってしまうケースがあります。

里帰り出産などがご家庭の事情で難しい場合は、区や市などでも家事サポートなどもあるのでそういったサポートを利用しても良いかもしれませんね♪

 

③費用について

お猿くんの母
私が、選んだ産院では大部屋か個室での値段の違い・帝王切開での料金の違いがありました。そこまで、値段に関しては調べてはいませんでしたが 里帰り先では周りに比べると高い病院だったようです!

出産一時金が42万円支給されるので差額の約8~20万円を準備できれば問題ありません♪

お猿くんの母の産んだ病院 (例)●●マタニティクリニック

  大部屋 個室
2泊3日 50万円 53万円
3泊4日 52万円 56万円
4泊5日 54万円 59万円
帝王切開 58~60万円 66~68万円

初産の場合は、4泊5日 2度目からは、3泊4日でした。休日・深夜・時間外料金…なし などとルールがありました。

今回、初産で個室が希望だったので59万円となりました!出産一時金42万円だったので、出産費用は17万となりました。

多くのお母さん達が、病院によって出産や入院費用が違ってびっくりしたという話がありました。候補をいくつか絞ってから出産費用を含めて出産する病院を考えることをおすすめします♪

⑤出産できる病院の種類~5種類

①総合病院

医療設備が整っているので万が一の際にも他の科と連携が取れトラブルにも可能です。持病がある妊婦さんや、高齢者出産の妊婦さんに人気です。

②産婦人科病院

ベットの数が20ベット以上の産婦人科の病院のことを指します。サービスの充実などにより費用が高い傾向ありますが妊婦さんに寄り添ったサービスを設けているところが多く不安が多い妊婦さんにも人気です。

③大学病院

総合病院と同じで他の科と連携が取れるためトラブルにも可能です。最新医療設備が整っていたりします。

④個人医院・クリニック

ベット数が20未満の病院のことを指します。自分の理想とするバースプランにぴったりの医院の場合は手厚く満足のいく出産を望める可能性があります。

⑤助産院・自宅出産

自然分娩を望む妊婦さんに人気があります。助産婦が開設している医療行為ができない施設です。問題なく自然分娩に出産が可能な妊婦さんのみ自宅出産は対応できます。帝王切開の経験・双子・高齢出産の対応などはしていません。

お猿くんの母
私は、④個人医院・クリニックを選びました。私の、同級生も同じところで産まれれていて評判がよかったので選びました♪

⑥食事の質

最近では、産婦人科医院・クリニックなどは一流のシェフを招いてホテルのような食事提供をしているところが多いようです。おやつの時間に充実したデザートなどを出してくれる病院もあります♪食事も一つの楽しみですよね☺

⑦お産方法の選択

  • LDR
  • 分娩室
  • 自宅出産
  • 水分分娩

【その他、分娩方法の選択】

  • 計画分娩
  • 予定帝王切開
  • 無痛分娩
  • 立会分娩

など、色々な出産方法があります(^^♪

お猿くんの母
私は、分娩室での出産を希望しています。逆子などになってしまうと予定帝王切開になるので臨月までには出産方法が決まることが多いです♪

⑧家からの距離

産院が遠すぎると、出産のときに間に合うか心配ですが初産の場合陣痛がはじまってから出産までの時間がかかることも多いもの。 自宅からすぐ近くの産院にこだわりすぎる必要はありません。

お猿くんの母
タクシーで15分の病院にしました♪里帰りだったので最後の1週間ごとの健診の通院も楽でしたよ♪

 

まとめ

出産と言ってもその方法はさまざまで、正解はありません。一番わかりやすいのはそこで出産した先輩お母さんなどに聞くのが一番ですが、難しい場合は ネットなどでも情報が沢山あるので調べてみても良いですね♪

早めに出産する病院を選び分娩予約をとりましょう。なによりも大切なことは安心して出産し無事に赤ちゃんに会えるように信頼できる病院を選ぶことですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。