産後のぽっこりお腹いつ戻る?筋トレでも改善しない意外な原因

「ママの産むヨガ教室」にお越し頂きありがとうございます♪管理人のお猿くんママのmikiです♪

産後のぽっこりお腹はいつ戻る?ポッコリお腹が改善しない意外な原因を解説!

お猿くんママ
現在、産後9ヶ月を迎えました!産前より-2㎏減りましたが…産前よりお腹周りがポッコリ?お腹に関しての一番の勘違いが、腹筋を鍛えればお腹が引っ込むと思われている方も多いようです。私も、その一人でした!

筋トレしてもなかな解消しないのが意外な要因があるからです。出産後、体が妊娠以前に戻るまでの期間は「産褥期」と呼ばれています。この期間に本当に運動は必要なのかまとめていきたいと思います♪

産後のたるんだお腹はいつ戻るの?運動はいつからしてよいの?

妊娠中に長い時間をかけて伸びた皮膚を思い出せば、産後お腹周りの皮膚がたるんでいるのも納得するところです。仕方ないとはいえ、自分のお腹がたるんでいるところはあまり見たくないもの。

なるべく早くたるみを解消するために、お腹の筋トレをしたいと思う方も多いかと思います。

ちょっと、待って!!!!!このお腹のたるみは、赤ちゃんがいた子宮が妊娠中に大きくなるにつれて徐々に皮膚が伸びた結果。

子宮が回復していくことにより皮膚も回復していきます。個人差はありますが、6~8週間かかると言われています。子宮が回復する以外にもママの身体の中では激変しているこの時期は、産褥乳腺炎・産褥熱・産後うつといったメンタル不調などの異常が起こりやすい時期。なので、体も心もできるだけ無理しないことがとても大切な時期。お腹のたるみを解消しようと焦らないことが重要。

6~8週間後に身体の様子やお医者さんと相談してから運動を始めましょう!

産後のぽっこりお腹が筋トレしても解消しなのはなんで?

腹筋をしてお腹をスッキリされるためには…

  1. 腹部の脂肪を取り除く
  2. 腹部に筋肉をつける

この、二つのアプローチが必要になります。

①お腹の脂肪を取り除く

お腹の脂肪を取るには、脂肪燃焼効果のある運動をする必要があります。

  • 有酸素運動
  • 高強度インターバルトレーニング

などです。腹筋運動をインターバルスタイルでおこなった場合、脂肪燃焼効果は期待できるかもしれませんが 強度の高い腹筋運動をする必要があるので、出産後は腹直筋離開骨盤底機能の低下があるので産後のママにはあまりおすすめできません。

②お腹に筋肉をつける

腹筋を鍛えるには、様々な種類の筋トレがあります。これらの様々な筋トレでお腹の筋肉を効果的にアプローチすると「割れた腹筋」ができます。

しかし、お腹に筋肉をつけたとしても腹筋の上に脂肪がついていたり腹筋の下にいろんなものがあると求めている「割れた腹筋」は手に入りません。

では、腹筋の下にあるものとはどんなものかご紹介していきたいと思います!

お腹の下のあるものとは?ぽっこりお腹が解消しない大きな原因

 

4つの大きな理由
  1. 便秘
  2. 内臓脂肪
  3. 姿勢→骨盤の歪み
  4. 腹直筋離開

 

便秘がぽっこりお腹が解消しない理由

お腹に中身が入っていたらどんなに腹筋を鍛えてもたるみお腹は解消は難しいです。まずは、便秘解消をした方がぽっこりお腹解消への近道!便秘薬などを飲む前に食事改善が必要かもしれません。

今からできる便秘解消
  1. 朝にレモン水
  2. MCTオイル
  3. 便秘解消のヨガなど軽い運動をする

 

お猿くんママ
レモン水は、レモンを絞る以外にもポッカレモンでも代用可能です♪MCTオイルは、コーヒーなど温かい飲み物に入れのをおすすめ♪

内臓脂肪でぽっこりお腹が解消しない理由

脂肪には2種類あります。皮下脂肪内臓脂肪です。皮下脂肪は、皮膚の下につく脂肪。内臓脂肪は、内臓周りにつく脂肪です。皮下脂肪は、体の90%、内臓脂肪は10%と言われています。原因としては、カロリー過多・運動不足などの理由です。まずは、今からできる食事を気をつけてみましょう!

今からできる内臓脂肪
  1. 食物繊維が多く含まれる食べ物を摂取する。
  2. 炭水化物を減らす。
  3. 有酸素運動が効果的。

 

悪い姿勢でぽっこりお腹が解消しない理由

産後は、お腹の筋力の衰えや疲労・正しい姿勢を保つのにとても難しいですよね…姿勢の乱れは、骨盤が大きく関係してきます。

「骨盤の前傾」「骨盤の後傾」により、姿勢が悪くなってしまいます。

骨盤前傾
反り腰になりやすく女性に多い傾向があります。腰が反りすぎると肩や首に負担がかかりやすく、肩こりや頭痛に悩まされる方が多く見られます。妊娠中は、骨盤の前傾になりやすく 股関節が内にはいりやすくなる。

骨盤後傾
猫背になりやすいタイプ。子供の頃から癖があったり・座っている姿勢で背中を丸くすることが多かったりすると骨盤後傾になりやすい。腰回りのしびれや痛みに悩まされる方が多い。

今からできる姿勢改善
  • 骨盤調整
  • 普段からの姿勢の意識を変えてみる。

どちらかの姿勢をしているようであれば、肋骨を骨盤の真上に置くような意識をしてみてください!

お猿くんママ
骨盤を正しい位置にするだけでも変化があります♪骨盤についてご紹介しているので興味がある方は覗いてみてください♪

産後の骨盤歪みチェック|赤ちゃんと一緒に骨盤ケアをしよう

2020年6月11日

腹直筋離開でぽっこりお腹が解消しない理由

腹直筋離開って?
図のように、おなかの中心で左右の腹直筋をつないでいる白い線状の部分(白線)が、おなかが大きくなるにつれて横にうすく伸び、おなかが離れて開いた状態になること。
少し前までは妊娠後期から産後数ヶ月までの女性に多く見られましたが、最近では妊娠したことのない人や産後何年も経っている人にも見られるようになってきました。
腹直筋離開が起こる理由は?
色々ありますが一因として、生活様式の変化による筋力の低下やホルモン分泌による全身の筋肉・じん帯のゆるみが考えられます。また、白線の付け根は恥骨結合にもつながっているので、骨盤がゆるんで開くと一緒に腹直筋も開いていきます。

トコちゃんベルトより引用

 

腹直筋離開改善できる?

産後自然に治ることが多いようです!腹直筋離開は妊娠する女性が誰でもなりうる症状ですが、7~8割の人は特に治療しなくても多くの場合産後6~8週間で自然に治癒されると言われています。

 

お猿くんママ
腹直筋離開について今後詳しく記事を書いていきたいと思います!この4つの大きな原因の他に、生理前や生理前なども原因のひとつです!

 

 

まとめ:産後のぽっこりお腹はいつ戻る?

お腹の筋トレをしてもなかなか戻らないのには4つの大きな原因についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

  1. 便秘
  2. 内臓脂肪
  3. 姿勢→骨盤の歪み
  4. 腹直筋離開

なるべく早くたるみを解消するために、お腹の筋トレをしたいと思う方も多いかと思います。
ちょっと、待って!!!!!このお腹のたるみは、赤ちゃんがいた子宮が妊娠中に大きくなるにつれて徐々に皮膚が伸びた結果。
子宮が回復していくことにより皮膚も回復していきます。個人差はありますが、6~8週間かかると言われています。

子宮が回復する以外にもママの身体の中では激変しているこの時期は、産褥乳腺炎・産褥熱・産後うつといったメンタル不調などの異常が起こりやすい時期。なので、体も心もできるだけ無理しないことがとても大切な時期。お腹のたるみを解消しようと焦らないことが重要。

6~8週間後に身体の様子やお医者さんと相談してから運動を始めてみてください♪まずは、食事や普段の意識だけでも変わっていくのでトライしてみてくださいね♪

最後までご覧いただきありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。