産後の肩こりを簡単に緩和!ヨガ講師が教える上級者向けポーズ

「ママの産むヨガ教室」にお越し頂きありがとうございます♪管理人のお猿くんママのmikiです♪

妊娠中も肩こりが悩みでしたが産後はさらに肩こりに悩まされました💦

産後のママは特に疲れがたまりやすいうえ、抱っこや家事などによる無意識のうちに肩に力が入った状態(猫背)で生活しまいがちになり肩こりの原因へ繋がります。慣れない育児で緊張や睡眠不足もストレスの原因です。

赤ちゃんのお世話が忙しく、自分自身の体のケアは後回しにしがちな育児期間。産後は、大きなダメージをママのカラダに与えているので後から支障がでる場合があるので要注意です。

と、いっても子育て中は自分自身のケアになかなか時間がとれないですよね💦産後の肩こりをストレッチで緩和☆彡上級者向けのヨガポーズを解説したものをご紹介させて頂きます♪

赤ちゃんのお世話や家事の合間にも簡単にできるので生活の中に取り入れてみてください♪
以前は、初心者の方にもできる産後の肩こり解消法をご紹介しています♪

 

日常生活で少し意識を変えてみよう|産後の肩こり緩和

携帯や家事や授乳の際に、猫背になりやすくなっていませんか???携帯など指先操作で肩に力が入ってしまいます。これも、慢性的な肩こりの原因や肩甲骨周りの痛みに繋がります。最初は、できることから始めてみよう♪生活の中で意識して肩の力を抜いてリラックスすることが必要です!

お猿くん
今、力入ってない????今、携帯見てるでしょ???
Bさん
力入ってたわー些細なことだけど意識してみます♪

産後の肩こりを緩和させ頭痛を和らげよう

橋のポーズ(セツ バンダーサナ)

効果ー姿勢を整える・気持ちを前向きにする・肩こり解消
禁忌ー椎間板の疾患・首や腰のトラブル

  1. 両ひざを立て、お尻から握りこぶしひとつ分離れたところに踵がくるようにする。両手は体側。
  2. 息を吸って→お尻を持ち上げる。
  3. 両手をお尻の下で組み合わせ目線は天井。3呼吸繰り返す。

✓OUT お尻をゆっくり床におろし①に戻る。

 

テーブルトップ(アルダ・プールヴォッタナーサナ)

効果ー二の腕やお腹を引き締める・体感強化・肩こり解消
禁忌ー手首・肩・首・腰のトラブル

 

  1. 両ひざを立てて座り、肩の下に手首がくるように床に手をつく。
  2. 息を吸いながら→ゆっくりとお尻を持ち上げる。
  3. 息を吐いて→胸を開き、目線は後方。3呼吸繰り返す。

✓軽減法-easy
の橋のポーズを行ってみてください♪

✓OUT お尻をゆっくり床におろし①に戻る。

 

上向きの板のポーズ(プールヴァッタナーサナ)

効果ー二の腕やお腹を引き締める・体感強化・肩こり解消
禁忌ー禁忌ー手首・肩・首・腰のトラブル

 

  1. 足は前に伸ばして座り、両手は腰のから握りこぶし一つ分離す。
  2. 息を吸って→ゆっくりとお尻を持ち上げる。両ひざ、つま先を伸ばす。
  3. 息を吐いて→さらに胸を開き、目線は後方。3呼吸繰り返す。

✓軽減法-easy
②のテーブルトップを行ってみてください♪

✓OUT お尻をゆっくり床におろし①に戻る。

産後ヨガは、産褥期が過ぎてからにしましょう。6~8週間後に始めることをおすすめします。
お猿くんママ
今回は、難易度高めなので難しい時は以前ご紹介したポーズからトライしてみてください♪

まとめ:産後の肩こりや頭痛の緩和

 

忙しい育児の合間にできる産後の肩こり緩和のためのヨガのご紹介でした♪上級者向けのポーズなので無理のない範囲で行ってみてください☺

子育て中は、なかなか整体など体のメンテナンスをする機会が減ってしまいますが、生活の中にヨガを取り入れるだけでも大分体が楽になります♪カラダを労る時間を作ってみてください☺

最後までご覧頂きありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。