マタニティヨガの嬉しい効果|講師の私が実践して感じたこと

「ママの産むヨガ教室」にお越し頂きありがとうございます。ヨガ講師のMIKI(@umu_yoga)です♪

妊娠すると、体や心が様々な変化が現れます。日本では、健康や維持やリラックスのために人気のあるヨガ!妊娠中におすすめなマタニティヨガもとても人気です♪

今回は、マタニティヨガの効果について詳しく説明します♪ヨガは知らないうちに心身ともに効果が得られています♪

マタニティヨガってどんなヨガ?妊娠中の負担は?

お腹が大きい妊婦さんでも無理なくできるように、ゆっくりとした動きで行う有酸素運動の一つ。初心者でもできるポーズとなっています。体に負担がかからないストレッチを中心に、筋肉をほぐしたり、呼吸法をメインのヨガになります。

 

自然の状態として、自分を意識し 体や心の大きな変化を様々なかたちで実体験する妊娠という特別な期間を力強くサポートしています♪

 

☞ 【マタニティヨガと普通のヨガの違い】

についても書いているので興味がある方は見てくださいね( *´艸`)

マタニティヨガで体調が改善していく効果が期待できます

妊娠期におけるカラダの不調 腰痛・肩こり・カラダの冷え・便秘・不眠症・カラダの怠さ・浮腫み・つっぱりなどが挙げられ マタニティヨガの呼吸法(プラーナ・ヤーマ)やポーズ(アーサナ)によって、悩みを軽くしていくことが可能です。

ストレス発散・精神的なリラックス効果

妊娠中は、精神的に落ち込むこともあります。マタニティヨガで身体を動かすことにより気分がスッキリし、妊娠にともなう体の大きな変化を受け入れ、母親になるということを改めて効果の実感できるきっかけにもなります。

出産のイメージトレーニングができる

瞑想することにより体と心を観察し、自分に対して理解を深めるようになり感じる力・直観力を高めます。お腹にいる赤ちゃんとコミュニケーションをとれるようになることも目標にしているので、その力が出産・その後の子育てに大いに役立っていきます。特に、マタニティヨガで骨盤を開きやすくして出産しやすくする効果が期待できます。

体重増加防止

妊娠中は体重が増えやすい方も多いかと思いますが、マタニティヨガをする事により基礎代謝を上げて体重が増えるのを防止でき、産前・産後の体型を整える効果もあります。

 

まとめ:どんな効果を感じたの?

MIKI
私の妊娠中の効果!もともと、ヨガを数年続けていたので効果をすぐに感じれました♪妊娠5ヶ月まではお仕事でヨガをしていたおかげか 悪阻はあったものの症状はとても軽く乗り越えれました。

しかし、5ヶ月目でレッスンのお仕事を辞めた瞬間具合が悪くなりました…ほぼ、寝たきり。軽い悪阻もあり、カラダも怠く一人で泣いてました(笑)

ばりばり、今までお仕事していたのでなにをすれば分からず…(ヨガ練習する力もなく1か月が過ぎる)6ヶ月目入った頃には体調も少し良くなり、マタニティヨガのレッスンに通いマタニティヨガの資格を取得したものの…便秘( ;∀;)

1ヶ月も運動しなかったら便秘にもなりますよね…なんとか、食事と便秘に効果的なヨガを行ったおかげで改善されました♡

7ヶ月目は、お腹が大きくなってきたせいか 腰痛に悩まされましたが 実験を重ねヨガで学んだ事を活かして1週間ほどで緩和されました♡

体重管理も優秀と言われるぐらい管理できました!一番の良かったことは、ヨガを行っている期間・穏やかにいれたこと幸せと感じれた事(#^.^#)なによりも、マタニティヨガのレッスンをしたおかげで出産が楽しみになれました♪

最後までご覧いただきありがとうございました♪マタニティヨガに興味もって頂けたらうれしいです☺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。