妊娠中にこむら返りが起こりやすい原因は?簡単な予防5選

 

「ママの産むヨガ教室」にお越しいただきありがとうございます♪管理人のお猿くんの母のmikiです♪

少しずつお腹が大きくなってきて、会えるのが楽しみですね♪妊娠後期に突然足がをつる(こむら返り)するようになった…などと、声をよく聞きます。全妊婦さんの60%が不快な症状として挙げています。

今回が妊娠中に起こるこむら返りの原因や簡単な予防法についてお話します♪

妊娠中に起こるこむら返り(足のつり)の原因ってなに?なぜ妊婦さんに多いの?

こむら返りとは、ふくらはぎの痙攣のことをいいます。妊娠中のこむら返りが多い理由としては、カルシウムやミネラルなどの不足・カルシウムやマグネシウムなどのバランスの崩れ・血行不良・筋肉疲労などがあります。

妊娠後期には、子宮が大きくなることで姿勢が崩れて下肢の筋肉負担が増加することや運動不足により血行障害なども原因と考えられます。

こむら返り(足のつり)の簡単な予防法!

ミネラル

妊娠中は栄養不足になりがちで、カルシウム・マグネシウム・ミネラルを意識的に摂取することで予防につながります!

カルシウム…乳製品豆腐豚肉など

マグネシウム…味噌納豆豆類かぼちゃ海藻類など

ビタミンB…豚肉レバーうなぎなど

食事の中に、1品加えるように意識しましょう♪

 

カラダを温める

できる限りカラダは冷やさないように心がけましょう♪

足を温めて血流をよくすることで予防につながります。しっかりとお風呂に入り全身を温めてあげましょう。

 

寝るときの姿勢

 

寝るときに足を高い位置にあげるとこむら返りを防ぐことができます。足元にクッションなどで少し高くしてあげると良いでしょう。夏などは、布団などかけない方もいるかもしれませんが、足元に布団を必ずかけて布団をかけて寝ましょう♪

 

運動をする

適度な運動を心がけましょう。

特に同じ姿勢でいる人はこむら返り(足がつる)が起こりやすいので、合間にストレッチしたり歩いたりすると良いでしょう。足全体を軽く動かしてストレッチするだけで血流がよくなります。

骨盤のゆるみなども原因のひとつです!骨盤が広がって緩むようになり、足の筋肉が伸びます。それを、元に戻そうと筋肉が収縮することでこむら返りが起きやすくなるので階段の上り下りもおすすめです♪

特におすすめなのが、マタニティヨガです♪

マタニティヨガでこむら返り(足のつり)対策

こむら返り(足のつり)を治す保証ではありませんが運動不足の解消にも役立ちますので無理のない範囲で取り入れてみてください♪

マタニティヨガとは、つわりが辛い時期・お腹が大きい妊婦さんでも無理なくできるように、ゆっくりとした動きで行う有酸素運動の一つ。初心者でもできるポーズとなっています。体に負担がかからないストレッチを中心に、筋肉をほぐしたり、呼吸法をメインのヨガになります。

自然の状態として、自分を意識し 体や心の大きな変化を様々なかたちで実体験する妊娠という特別な期間を力強くサポートしています♪マタニティヨガについてUPしているので興味がある方は見てみてくださいね♪

☞ マタニティヨガと普通のヨガの違いとは

まとめ

妊娠するとさまざまな理由でこむら返りが起きやすくなっています。少しだけでも意識するだけでも対策ができるので取れ入れてみてくださいね♪

次回は、妊娠中でも行えるヨガのポーズをご紹介させていただきますね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。